【作家】戸畑 茂四郎 【サイズ】高さ  113mm /   幅  125mm  /   奥行 150mm【付属品】黒飾台【作品説明】安定した繁栄・成長の礎を築く丑年。「牛」は古くから食牛や乳牛、耕牛と呼ばれ酪農や農業で人々を助けてくれる存在として重要な生き物でした。大変な農業を地道に最後まで手伝ってくれる様子から、丑年は「我慢(耐える)」や「発展の前振れ(芽が出る)」を表す年になると言われています。 .「牛は神の使い」学問の神様・菅原道真をまつる天満宮には牛の像牛に乗った学問の神様で勉強にも力が入りそうですね。 .「もしろう人形とは」昭和初期から作り続けられた「もしろう人形」「わび・さび・あそび」の心を併せ持ち移りゆく時代の中でも優しさあふれる人形として親しまれています。博多の土にこだわり伝統と創作手作りの素朴さの中に漂う気品70年以上の歴史を持つ土人形です。

もしろう人形・牛乗り天神

¥8,000価格
  • ギフト包装をご希望のお客様は、ご注文時に備考欄へご記入ください。

  • 売上の一部は、公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」を通じ新型コロナウイルス感染症対策を支援する寄付金に充てさせていただきます。