【作家】

黒木 国昭

 

【サイズ】

高さ 1238mm/幅1400mm/奥行 38mm

 

【本作について】

 京都・建仁寺が所蔵する国宝「風神雷神図」屏風は、寛永期(1624~44)に俵屋宗達によって描かれたもので、近世日本絵画史上の白眉の一点である。 宗達は京都の上層町衆の出身とみられているが、生没年は不明である。絵屋と呼ばれる工房を経営し、本 阿弥光悦(1558~1637)の指導によって、独創的な琳派様式を創始した芸術家である。

 

屏風の右隻に描かれた風神は風を司る神であり、左隻には雷を司る雷神を描く。共に自然の力を神格化した図像である。風神は古代インドでは人々に福徳を与えると共に、子孫の繁栄をもたらすものと信じられていた。

 

 尾形光琳や酒井抱一ら、江戸琳派の巨匠達もこの作 品を模した屏風を残しているが、21世紀のガラス造形作家・黒木国昭氏が、卓越な技法を駆使し、大判の板ガラスを用いて、宗達の装飾美の世界を二曲一隻の屏風として完成させた。

 

 

※本商品の価格、仕様に関してはお電話、もしくはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

【要問合せ】屏風 俵屋宗達画 風神雷神図

¥0価格
  • 売上の一部は、公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」を通じ新型コロナウイルス感染症対策を支援する寄附金に充てさせていただきます。