「技と美の二人展」 山形市で開催11/26~12/5




ガラス工芸 黒木国昭 赤 絵 細 描 米久和彦 〜技と美の二人展〜


■ 会期 令和2 年11 月26 日(木)→12 月5日( 土)

■ 会場 山形県芸文美術館  ギャラリー5(アズ七日町2F) ■ 時間 午前10 時~午後5 時 (最終日は午後3 時閉場)


日本の装飾美「琳派」を中心に伝統美を 「ガラス」で表現し、ヴェネチアをはじめ世界で活躍するガラス工芸作家・黒木国昭先生。 極細の筆で精緻な細密画を赤絵で描く九谷焼の超絶技巧 「赤絵細描」の米久和彦先生。 ガラスと陶芸、素材が異なる二人の工芸作家が織りなす洗練された技と美の世界。 ゆっくりとご覧頂けたら幸いです。

新型コロナウィルス感染対策を整えて実施いたします。




33回の閲覧

最新記事

すべて表示